補足 | 粗利益と営業利益

折角ですので:利益について

実は、私の身の回りにも、「営業利益率が高い企業は、暴利をむさぼっている可能性が高い。」と思っている人が何人かいました。理由を聞いてみると、案の定、粗利益と営業利益の区別がついていないようでした。

ふだん経理に携わっていないと、知る機会が少ないのかもしれませんね。

ラーメン屋さんに見る利益構造

一杯800円のラーメン屋さんがある、とします。
800円のうち、麺や具、スープなどの材料費は、400円、とします。

さて、お客さん1,000人にラーメンを提供すると、

となります。

ところで、40万円の粗利益を稼ぎましたが、そこから、お店の賃料15万円、アルバイトの給料10万円、商店街のおつき合いの交際費10万円を支払わなければなりません。

結局、5万円しか手元に残りませんでした。
そこで ・・・

story1.値上げ

価格を800円から900円に値上げしました。すると、売上が1,000人×100円=100,000増えますが、材料費や経費は一緒のままですので、営業利益も100,000円増えて、15万円になります。粗利率は55.6%、営業利益率は18.75%です。

と思ったのですが、値上げしたところお客さんが離れてしまい、つぶれてしまいました。

story2.材料費を下げる

材料を安いものに切り替え、400円の材料費を300円に下げました。すると、売上は変わりませんが、原価が、1,000人×100円=100,000円下がりましたので、営業利益は100,000増えて15万円になりました。粗利率は62.5%、営業利益率は18.75%です。

と思ったのですが、味が落ちた、とお客さんが離れてしまい、つぶれてしまいました。

story3.節約

商店街とのおつき合いに10万円もの交際費を使うのはとても痛いので、もっと儲かるお店になるまで、しばらくご遠慮させていただくことにしました。

すると、売上も原価も変わりませんが、経費が100,000円浮いたので、営業利益は100,000円増えて、15万円になりました。粗利率は50%、営業利益率は18.75%です。

値段も味もそのままで、利益を増やすことができました。

また、その利益を研究費に使い、さらにおいしいラーメンを提供できるようになりました。
やがて、評判がお客を呼び、繁盛店になることができました。

ということで、いわゆる暴利、ぼったくり、と呼ばれるのは、粗利率の高い企業です。逆に、粗利率が低く、営業利益率の高い企業なら、非常に優秀な企業でしょう。

back

 

original:2008-July.-22; updated:2008-July.-22; © 2003-2012 housemaker.jp all rights reserved.