旭化成ホームズ ヘーベルハウスの会社概要・企業情報

旭化成ホームズ 会社概要・企業情報

3階建て、二世帯住宅など、都市部の住宅ニーズに特化した住宅メーカーです。

とくに二世帯住宅は、概念も言葉も同社がつくりだしたものですが、今日では、一般用語として世間に広く知られています。

企業情報

会社名
旭化成ホームズ株式会社
・もともとは、旭化成株式会社の住宅部門であった。
・2003年に分社化して現在に至る。
※戦前の日窒コンツェルンが財閥解体で、チッソ、旭化成積水化学、信越化学、センコー、ニッチツに分解された。
設立
1972年(旭化成設立は、1931年)
業績・販売棟数
近年の販売棟数推移(推定) 単位:棟
年度 2009年年 2010年 2011年
販売棟数
6,570
7,200
7,940
(内、戸建)
5,900
6,400
6,940
(内、集合住宅)
670
800
1,000

近年の売上高・営業利益(推定) 単位:百万円
年度 2009年年 2010年 2011年
売上高
389,700
409,224
451,965
営業利益
25,300
36,476
46,340
営業利益率
6.5%
8.9%
10.3%
URL
http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/
 
 

ブランド・商品の特徴

ブランド名
ヘーベルハウス
・外壁に採用しているヘーベル板から命名。
・ヘーベル板は、ドイツのヘーベル社と提携して導入された。
・ヘーベル板はALCの一種。
  ALCとは、Autoclaved Lightweight Concreteの略で、軽量気泡コンクリートのこと。
  軽量でありながら、気泡によって高い耐火性脳を誇る。

二世帯住宅
・二世帯住宅研究所を設立し、同居の原則や工夫、それを活かしたプランニングを提示。二世帯住宅入居者の日々の暮らし方から、他界後の生活まで、幅広くデータを収集。
構造
鉄骨軸組構造
ハイパーフレーム構造

ラーメン構造
システムラーメン構造
・ハイパーフレーム構造より高額。
耐震性能・地震対策関連
・制震構造を独自開発。建物の揺れを軽減。
環境・エコロジー関連
・屋上庭園、通風設計など
その他の特徴
・プラスわんプラスにゃん、へそのある家、そらから、など、ユニークな商品名も多い。

従業員数・イメージ、関係者

社員数・平均像
従業員数 4300名
平均年齢38歳 平均年収730万円
従業員のイメージ
専門性から人間性まで、住宅業界の中でも、最も優等生的。
紳士的でまじめだが、ユニークで明るいイメージ。
顧客のイメージ
ヘーベルハウス入居者は、ヘーベリアンと呼ばれます。
都市部に住む、社会ステータスが高めの顧客から強く支持されています。
関係する著名人
篠原信一(柔道家):旭化成所属時、シドニー五輪銀メダル。
木村拓也(芸能人):営業関係者によると、実家をヘーベルハウスで建築とのこと。
original:2008-June.-26; updated:2012-Sep.-25; © 2003-2012 housemaker.jp all rights reserved.