大和ハウスの坪単価・価格帯・評判

多角化進めるハウスメーカー

1955年、鉄パイプでつくるパイプハウスで創業した大和ハウスは、1959年、ミゼットハウスという、軽量鉄骨を使用した工業化住宅を販売しました。これが、今日のプレハブ住宅の第一歩となっています。
※大和ハウスのWEBサイトに、当時の状況が書かれています。
http://www.daiwahouse.co.jp/company/history/index.html

以来、住宅事業を中心に成長し、業界第2位の規模になりました。

近年では、戸建住宅にとどまらず、分譲マンション、流通店舗事業、ホテル経営、医療・介護施設、大型商業施設など、様々な分野に進出しています。

また、中国を中心に海外進出にも積極的で、すでにマンションを分譲したり、商業施設を建築しています。

住宅に関しては、従来、積水ハウスの後追い戦略を行ってきました。
積水ハウスの売れ筋に似た商品を、やや低い価格で販売してきました。ブランドイメージも、いまいち冴えないところがあり、強く支持する顧客層は無かったように思います。

しかし、2005年、創業50年を期にブランド戦略を一変させ、次々に新しい展開を見せています。

1.企業・商品の主な特徴

企業情報

会社名
大和ハウス工業株式会社
設立
1955年
販売棟数
近年の販売棟数推移(推定)
03年 04年 05年 06年
販売棟数
16,790
17,020
16,280
15,770
(内、集合住宅)
4,650
4,550
4,700
4,500
(内、戸建)
12,140
12,470
11,580
11,270
URL
http://www.daiwahouse.co.jp/
 
 

商品の特徴

ブランド名

XEVO (ジーヴォ)
・2006年、25年ぶりとなる新工法として登場。外張り断熱。
構造
鉄骨軸組構造
トリプルコンバインドシステム

ラーメン構造
DSQフレームシステム

木造軸組構造
耐震性能・地震対策関連
・耐震構造
・免震構造 ・・・ 大型地震時、免震装置が作動し、揺れを大幅に軽減。
・制震装置 ・・・ ダンパーで揺れを軽減。
環境・エコロジー関連
・とくになし
その他の特徴
・現在、旧工法からXEVO工法への移行期。

人の特徴

社員のイメージ
体育会系が中心で、気合と根性で勝負するタイプが多い。
業界他社とのつきあいは最小限にとどめる。大手同士の会合でも、大和ハウスだけ参加しないことが、しばしば。
顧客のイメージ
大手ハウスメーカーの中で低価格を求める層が多い印象。
関係する著名人
鈴木エドワード(建築家):大和ハウスと提携し、EDDI's House EDDI's Town を手がける。
近藤典子(アメニティアドバイザー):大和ハウスと提携し、収納システムなどを手がける。

 

2.商品の価格帯・坪単価

ハウスメーカーの中では、中級の価格帯に位置づけられる。

主な商品の価格ポジショニング(坪単価)
85万
80万
ルミネックス
75万
センテナリアン
70万
ウォード
XEVO T
65万
XEVO E
XEVO WE
ミクリエ
60万
55万
XEVO V
XEVO WV
50万
45万
40万
35万
30万
25万
  鉄骨軸組 木造 鉄骨軸組 DSQ 木造
坪単価
2階建
3階建
original:2008-June.-26; updated:2008-June.-30; © 2003-2012 housemaker.jp all rights reserved.